2012年7月22日 (日)

山梨人になりました

皆さん、初めまして。
北杜市地域おこし協力隊の西園繁と申します。

この度は奈良県よりこの地へ移住し、7月より「NPO法人えがおつなげて」の下で、農薬や化学肥料を使わない農業への取り組みに参加させて頂くことになりました。

私は以前に携わった研修等で農業の重要性や面白さを知りました。また、その活動を通じて環境の事や地域の活性化など、
農業の持つ可能性や魅力に深く興味を持つようになりました。

農業で暮らしていく事は簡単な事ではないかもしれませんが、
地域の皆さんや仲間たちと一緒に地域全体が盛り上がるような、
そんな活動に繋げていければいいなと思っています。

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

東京農業から地方農業へ

ブログをご覧の皆さん。

はじめまして、東京都三鷹市から山梨県北杜市に移住してきた西川です。

東京では都市型農業の活性化に取り組んできたましたが、農業の現状を知るにつれ、
今の日本の自給率や農業従事者の高齢化、そして後継者不足など多々ある問題に、
この若輩者だからこそできることがあるんじゃないかと考え、
日本の農業を支える本場である地方農業で活動するため山梨にやってきました。

山梨の生活は7月も後半だというのに朝は寒く、晴れていたと思ったらいきなり豪雨になるなど
気候の違いには多少戸惑いもありますが、何よりも細かく指導してくれる先輩やヤル気いっぱいの
仲間たちなど良い人ばかりで人見知りな自分にとっては一安心です。
農業は根気のいる仕事なので、精一杯学び、体力をつけ、日本の農業の役に立てるような人間に
成長できるよう日々がんばっていきます。
これからも日々感じたことや発見したことなどこのブログに書いていけたらと思うので、
今後ともぜひぜひ西川をよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

農村ライフを始めるためにすべきこと

皆さん

こんにちは。
北杜市増富地区での生活も早いもので2週間が経ち、東京での生活が遠い昔のように感じられます。
ここでの生活を始めるにあたり、とても大切なことがあります。
さて、それは何でしょう?

それは、集落の皆さんへの「ご挨拶」です。

「はじめまして〜と申します〜どうぞよろしくお願いします」
といった、ごく当たり前のものなのですが、それはとても大切なことなのです。
東京での暮らしの中では、お恥ずかしながら、それほど大切には思っておりませんでした…

ご挨拶にいくと、地域のいろいろなお話しを聞け、縁側でお茶をごちそうになったり、家の中まで招いていただいたりと、楽しいお話しは尽きません。

そして何より、こうしたところから集落での人とのつながりや集落そのものが形づくられているように感じられます。

先日は、鹿肉がとれたと、集落の方からお肉を分けていただきました。
この辺りは、鹿などによる農作物の獣害があるのですが、こうしておいしくいただき、分けていただけるのも農村ならでは!と思ってしまいます。

来週は、集落の川の整備があるので、そちらに参加してまいります。

こうした人とのつながりは、都会とはまた違い、農村ならではなのでしょうが、都会にもこうしたエッセンスを導入にしてみると、とてもおもしろいのではと思っています。

2
さっそく鹿肉を料理してみました!歯ごたえがあって、とてもおいしかったです

| | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

はじめまして!

 

皆さま

 

はじめまして。201241日より、北杜市の「地域おこし協力隊」として活動をスタートした、渡部貴志と申します。これから、北杜市での日々の活動について、いろいろとお伝えできればと思っています。

 

私の活動の舞台となるのは、北杜市須玉町増富地区です。増富地区の人口は650人で、そのうちの約400人は65歳以上、かつ農地の2/3が耕作放棄されている「限界集落」といわれている場所になります。

 

私は、「NPO法人えがおつなげて」という都市農村交流を通じて、都会と農村の両方を活性化している団体で活動をしていきます。

 

そこで農業をベースに集落に入り、自分にできることを精一杯、取り組もうと思っております。そうした活動を通じて、北杜市や農村、農業等について、皆さんと一緒に学びながら、ご報告できればと思います。どうぞよろしくお願いします!

Photo

農場から見える標高2,230メートルの瑞牆山です。ちなみに我々の農場は標高1,000メートルのところにあります!

| | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

雪が降る

今年も終わろうとしています。

黒森はすでに冬です。

Sdsc_0332

いよいよ、研修が終わりに近づいている。

いろいろなことを学んだ2年間。

ここにも2年間通った。

辛かったことや楽しかったことが沢山ありました。

まだ、3月まで研修は続く。

大切にしたい3か月です。

| | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

収穫の秋

収穫の秋です。

稲刈り、稲刈り、稲刈り…

Dsc_0209


今年は酒米の面倒をよくみました。

昨年より沢山とれたようです。

よかったよー。

やはり10月は忙しいが、努力が報われます。


| | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

夏がきてー、体がどんどん やけていくー

暑い毎日。

長袖を着ればいいんですが暑すぎて、

みんな半袖で作業してます。

S20110716161719

当然焼ける。

東南アジアの農村の風景ではありません。

あまり皮膚にもよくないだろうなー

| | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

猛暑

今日で六月が終わります。

お田植えが終わった田んぼに

除草のためにちょくちょく入る。

二十九日の猛暑日にも田んぼに入っていたが

田の水がお湯になっていた。

こりゃ草も大きくなるわけだ。

おたまじゃくしも暑くて浮いていた・・・。

自分も熱中症で田んぼに浮かばないように気をつけよう。Ssh3f0198

| | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

6月が過ぎていく

怒涛の6月も後半になった。

4月5月とハウスで育ててきた苗たちが畑や田んぼに移された。

大きく立派に成長した苗もあれば、

なかなか大きくなれず外に出すのが少しかわいそうな苗もある。

あまり大きくできなかった苗たちには申し訳ない気持ち。

畑や田んぼで大きく育ってくれるよう祈りながら日々の管理をしていこう 。

写真は田んぼで履く長靴。

私は「田植えっ足袋」と呼んでいます。

履き心地がいいので畑でも履くようになってしまった。

足袋タイプなので指の割れているところに雑草がよく挟まる。

花を摘んできてくれることもある。

しかし、蒸れてくさくなるんだよな・・・。

Sh3f0189_3

| | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

ひさしぶりの更新

こんにちは、久しぶりの更新です。

夏に入り怒涛の最盛期を乗り切り、
収穫の秋、年越しと過ごしてきました。

とくに稲刈り以降は味噌を仕込んだり、
いろいろな事業やツアーが終わったり・・・

すでに3月に入ってしまいましたが、
これを書きながら思いだすとなかなか感慨深い。

農場の土も溶けてまた忙しい日々が始まりそうです。

今年は自然栽培にも積極的に取り組もうと思っています。

久しぶりの更新を機に、今年は月に2回以上の更新を目指します!

心を入れ替えて続けていこうと思います…

最後に昨年のメンバー。
今年はちょっと変わります。
Dsc_0762

三井

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«間伐について学んできました。